Posts Tagged ‘燃料電池’

エネファームとエコジョーズの違いとは?比較してみた。

2015-02-13

エネファームとエコジョーズ、どっちがいい?

エネファーム、エコキュート、エコウィル、そしてエコジョーズ・・・
正直、何がなんだかわからない人も多いのでは?

特にエネファームとエコジョーズは熱源がガスという事もあり、違いが判らない方もいると思います。
今回はそんなエネファームとエコジョーズの違いとはどのような点があるのか

エコジョーズとは?

簡単にいうと、進化したガス給湯機がエコジョーズです。
従来のガス給湯機では約80%だった給湯熱効率を排熱を利用することで約95%まで高めたのがエコジョーズなのです。
いうなればジョーズに湯を沸かしてくれるのがエコジョーズといって良いでしょう。

そんなエコジョーズの最大のメリットが設置がとても簡単な事です。
従来のガス給湯器との交換で済むためマンションなどのリフォームにも最適です。

逆にエネファームは・・・

家庭用燃料電池を使ったコージェネレーションシステム。
・・・といってもわかりにくいですよね。正直、エコジョーズとは全くの別物です。

ガスを使って燃料電池を経由して電力をまかなうというもの。
この時に排熱を利用して湯を沸かす事も出来ます。

この「排熱を利用して湯を沸かす事」がエコジョーズのガス給湯機機能とごっちゃになってしまうのですね。

基本的に全くの別物なのです。

マンションの方はエコジョーズ

エコや節約、省エネを考えていても、マンションの場合は中々エネファームを導入するのは難しいかもしれません。
ただ、エコジョーズの最大のメリットである設置がとても簡単な事を利用すればマンションでもエコジョーズであれば導入可能な場合が多いのです。

特にお湯をたくさん使う生活を送っている方はエコジョーズの導入をお勧めします。

意外に高い設置費・・・【エネファーム導入失敗談】

2015-01-05

見積もりがあれよあれよというまに・・・

40代になるまえ、念願の戸建を立てる事となり、かねてから考えていたエネファームを導入することにしました。
旦那も賛成してくれて、初期費用をどのくらいで回収できるのか・・・なんてことを一緒に考えていました。

いざ、戸建の図面が出来、エネファームの業者さんを呼んで見積もり開始。
建築会社さんの紹介っていうこともあり、相見積取らずに速攻で契約したのです。

正直、それが間違いでした。

後付で初期費用がたされていく・・・

そう、そのエネファームの業者さんに関して言えば簡単に言うと「最初は安い見積もりで契約し、あとからどんどん費用を足していく」タイプの業者だったのです。
いま建ててもらっている建築会社さんの紹介っていうこともあり、途中までは我慢していたのですが、追加が3回目になった時にぶちぎれてしまいました。

旦那と私と建築会社さん、エネファームの業者さん4人で話し合った結果、どう考えてもエネファームの業者さんが出してくる見積もりに謎な部分が多かったせいで、途中から3対1での話し合いになりました。
結果として最初の見積もり通りになったので良かったのですが、後味は非常に悪かったです。

その後、建築会社の営業さんから変な業者を紹介してしまって申し訳ないという正式なお詫びがあったので今では忘れるようにしていますが、時々思い出してはムカムカしています。

これからエネファームを導入しようとしている方は絶対に相見積をしてくださいね。

停電時の為にエネファーム導入!

2014-10-14

万が一の停電時にエネファームがあれば安心

地震や台風、その他災害等で停電というものはいつ起きるかわかりません。
東日本大震災時には計画停電がおこるなど、停電に備える必要が今まで以上に増してきました。

そんな停電時の備えとしてエネファームが注目を浴びています。
蓄電池を活用して停電時にもエネファームの運転を可能にする「エネファーム用停電対策システム(停電時発電機能)」のオプションを導入すれば、停電時にも電力の供給が可能になるのです。
なお、すでにエネファームを導入済みのご家庭でも、あとからこの「エネファーム用停電対策システム」を導入できますので、停電時のリスクを軽減したい方は、ぜひ検討をしてみてください。

価格に関しては60万円ほどしますので、簡単に導入できるわけではありませんが、停電時に電力をまかなえるのはとても重要です。
この「エネファーム用停電対策システム」を導入すれば、停電時に照明はもちろんの事、テレビなどにも電力供給ができるので有事の際に情報も得やすくなってきます。

また、有事ではなく短期的な停電においても冷蔵庫に電力をまかなえたり非常に有用です。
さらに、ご家族の中に電力を必要とする医療器具をお使いの方にもお勧めできます。

あとは、個人で小さな会社を経営されている方などは万が一のリスク軽減の為に60万円払う価値はありそうです。

このように停電時に電力がまかなえるというのはあらゆる面でメリットがありますので、ぜひ検討してみてください。

エコキュートとエネファームの今後は・・・

2013-08-04

エコキュートとエネファームの未来は明るい?

私達が家庭で生活をおくる中で、電化製品や給湯など、さまざまなエネルギーを使用しています。地球温暖化防止のためには、エネルギーの消費量をより少なくし、CO2の排出を抑える省エネ住宅の建築を希望する人が年々増加しています。

この省エネ住宅を建築する際に、エネルギーの消費量を抑え、CO2を削減する方法として、比較検討されるのが、エコキュートとエネファームです。エコキュートとエネファームの名前は似ているのですが、基本的な仕組みはまったく違います。

最大の違いは、エコキュートは給湯器であるのに対して、エネファームは自宅で電気もつくることができる燃料電池兼給湯器なのです。

エコキュートはヒートポンプ技術によって、給湯能力を高めるとともに、深夜電力を活用してお湯をつくるという省エネ技術であり、発電はしません。一方エネファームは、燃料電池という新しい家庭用発電機器で、発電を行う際に生じる廃熱を有効活用してお湯をつくることができるというコージェネレーションシステムなのです。

エコキュートは、技術開発も進み、性能アップやコストダウンも実現し、現在では補助金は見送られています。エコキュートの導入が100万円以下で出来るのに対し、エネファームは補助金を利用しても100万円以上のイニシャルコストがかかってしまいます。

そういう点では、エネファームは、まだまだ発展途上の技術だといえます。
現在でも研究、開発が熱心に行われており、これからコスト面でもエコキュートのように100万円以下で導入できる可能性があります。今後も、まだまだ目が離せない、エネファームとエコキュートの未来に期待したいですね。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.