エネファームとエコウィル徹底比較。どっちがお得?


どっちがお得?エネファームとエコウィルの比較

ガスで発電しながら、同時にお湯をつくることができる、エネファームエコウィル
そのシステムの違いと、メリット・デメリットを徹底比較してみましょう。

エコウィルもエネファームも、発電機能が付いた給湯器ですが、その仕組みは大きく異なります。
エコウィルはガスを燃料にしてエンジンを動かして発電をおこなうのに対し、エネファームはガスの中の水素と空気中の酸素を化学反応させて電気をつくります。
そしてエコウィルもエネファームも、発電の際の廃熱を利用してお湯をつくります。

エコウィルのメリットは、導入時の初期費用が安く、80万円ほど。
エネファームの場合は補助金を使っても100万以上はするので、とにかくコストを抑えて、電気代も節約したいという方には、エコウィルの方がおすすめです。

エコウィルは、すぐに貯湯タンクが一杯になるので、長時間発電をおこなうことができません。どちらかというと発電機能が付属した給湯器と考えた方がいいかもしれません。

逆にエネファームの魅力は長時間、発電可能なことと、利用している家庭の生活のスタイルに合わせて発電を学習してくれる機能もあり、家庭で使用する電気のほとんどをエネファームで賄うことができるという、発電効率の良さですね。
太陽光発電システムと相性がいいとされているのもエネファームです。
エコウィルとエネファーム、両者それぞれメリットもデメリットもあります。とにかく
価格を安く抑えたいならエコウィル、長期的に発電効果を期待したいのであればエネファームの方がおすすめかもしれません。ご家庭のライフスタイルにあったシステムを選択することが、一番効率よく省エネするコツですね。


Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.