エネファームの騒音対策はした方がいい?


エネファームの騒音対策は必須?

環境に優しく、エコで、光熱費を節約することができ経済的と、多くのメリットを持つエネファームですが、デメリットももちろんあります。
エネファームの設置の際、デメリットとなりうる点もあらかじめ理解し、対処することで、デメリットは回避できるでしょう。

たとえば、エネファームの発電の際の運転音や騒音もデメリットになりうる一つですから、騒音対策も、きちんと調べ対処ましょう。

どのような電化製品や電気機器でも多少なりとも運転音というものがあります。
エネファーム本体は、屋外に設置するので騒音が気にならないという方も多いのです。
ですが、日本の住宅事情では、狭い土地に密集して家が建設されています。そのため、屋外に機器を設置する際の設置場所は、近隣への配慮が必要となってくるのです。

ガス会社のホームページによると、エネファームの発電ユニットの運転音は38dBと表記されていますが、通常のエアコンの室外機音は、41dBから48dBといわれていますのでそれよりも少し小さなくらいの音なのです。
これを小さな音ととるか、大きな音ととるのかは設置する場所によっても変わってくるでしょう。

一般的な家庭でエネファームが発電する時間の目安は夏場で6時間、冬場では13~18時間ほどで、具体的な発動時間は夜の使用時間に合わせて、日中の発電が多いようです。
静かな環境で就寝をしたいと考えるのであれば、寝室付近に設置するのを避け、隣家からできるだけ離して設置することがおすすめです。


Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.