エネファームの27年度(2015年度)の補助金 の金額はいくら?

2015-02-13

27年度(2015年度)の補助金っていくらもらえるの?

エコの観点から、そして電気節約の観点から家庭用燃料電池システム「エネファーム」を住宅等に導入することを予定している方が絶対知っておくべき情報、それが購入費用の一部を支援する国からの補助金制度です。
これから導入をお考えの方は必ず確認をしておきましょう。

27年度(2015年度)の補助金の金額について

平成27年度そのものの補助金の金額はまだ発表されいませんので
ここではまず、平成25年度補助金の概要について記載したいと思います。ご注意ください。

補助金の金額は、

  • PEFC(固体高分子形)は上限金額 38万円/台
  • SOFC(固体酸化物形)は上限金額 43万円/台

です。(いずれも消費税を除く。)

この時、注意しなければいけないのが補助金の対象となるシステムは、FCA(燃料電池普及促進協会)が指定した機器システムで無ければいけないのです。
ほとんどの場合、問題はないのですが念のため必ず確認するようにしましょう。
ちなみに中古もアウトですので気を付けましょう。

このように補助金を受け取るには注意しなければならないことが沢山あります。
他にも何点かありますので補助金の申請をする前にしっかりとチェックしましょう。

住んでいる自治体によってはる独自の補助・支援制度も。

ここで紹介をしている国の補助制度に加えて、一部の自治体ではエネファームなどの家庭用燃料電池購入者に対して独自の補助・支援制度が用意している自治体もあります。
国の補助金制度は利用したけど、住んでいる自治体の補助金制度を利用するのを忘れた…なんて事のないようにしましょう。

6年以上継続予定?

あと、これも意外に大事な要件ですが、エネファームなどの「補助対象システム」を導入し、補助金を受領するのであれば、6年間以上継続して使用することが条件でもあるのです。
もちろん、ほとんどの方が6年以上使用予定ではあると思いますが、引っ越しの予定があったり、可能性が高いのであれば、もしかしたら補助金の申請が出来ないかもしれません。

事前に家族でしっかりと協議してから望みましょう。

以上、補助金の金額についてと、申請時に気を付けるコツでした。
事前の準備を怠らないようにしましょう。

エネファームの不正受給??

2015年から始まったわけではありませんが、最近エネファームの補助金等の不正受給等の不正行為が蔓延しているらしいのです。
もちろん、一般の方は関係ありませんが最近はチェックが若干厳しくなっているようです。

エネファームを管理している一般社団法人燃料電池普及促進協会 (FCA)は厳正に対処するそうですので、念のため2015年度に補助金を申請する方は中止をしておきましょう。

締め切りは2015年(平成27年)2月16日(月)17時

上記のとおり、補助金申込・交付申請の締切日が迫っております。
補助金の申請漏れが無いように早めに申請することが大事です。


Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.